MENU

アトピー性皮膚炎とは?

 

アトピー性皮膚炎と言えば以前は、子供がかかるものとして認識されていましたが、最近では生活習慣の変化などから、大人になってからもかかる人が増えてきました。

 

良くなったり悪くなったりを、繰り返すのが特徴のアトピー性皮膚炎は、大人になってから症状が出ると、メイクをするにも大変で、それ以前にスキンケアにも苦労することが多くなります。でも諦めるのは早いですよ。あなたの症状を軽減する方法はどこかにあるはずです。

 

その方法を探る前に、一度アトピー性皮膚炎とは、どんなものなのか説明しておきましょう。

 

アトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎とは、『痒みがとても強い慢性の湿疹で、悪くなったり良くなったりを繰り返します。多くの場合アトピー素因をもつ人に生じます。』とされています。

 

これは、悪くなったり良くなったりを繰り返し、強い痒みと中々治らないことが特徴の疾患であるということです。
そしてアトピー素因とは、アレルギーを起こしやすい体質のことを指します。
花粉症や鼻炎などのアレルギー体質の人が家族にいる場合は、それを受け継ぐことが多くアレルギーを起こしやすいとされています。

 

あくまでも起こしやすい体質ということで、アトピー素因がアレルギー体質だと限定しているわけでありません。だから必ずアレルギーを起こすわけではありませんよ。
一昔前は子供に多かったアトピー性皮膚炎は、卵、牛乳や小麦などの食物が原因で起きるものが大半でした。
でも最近は、大人になってからもアトピー性皮膚炎になってしまう人が増えてきました。
それは子供のころの処置が適切でなかったために、再発してしまったり、さまざまな生活習慣が関係していると言われていますが、はっきりとした原因は解明されていないのが現状です。

 

アトピーに悩むお子様から大人まで!もう我慢しなくていいんです!

 

 

アトピー性皮膚炎の症状
アトピー性皮膚炎の特徴として、場所はおでこ、目や口の回り、ワキ、手足の関節の内側などに出やすいと言われています。
そして肌に赤みが出て、痒みが強いためにかいてしまい、ジュクジュクになり体液が出てしまうことがあります。
このような症状が出てしまうのは、バリア機能の低下が影響しているからなのです。

 

普段は肌の表面やその奥の角質層を、外からの刺激に対してバリア機能が働いて守ってくれています。
でもアトピー性皮膚炎の方は、このバリア機能が低下しています。だから刺激に対して弱くなっているので、乾燥、汗や衣服の刺激などによって敏感に反応してしまうのです。

 

アトピー性皮膚炎の原因
最初にも伝えましたが、アトピー性皮膚炎を根本的に治す方法はまだ分かっていません。
ですが、バリア機能が低下する原因はいくつかありますので、説明していきましょう。
ストレスを感じるとアトピーの症状が出るという人が多いと言われています。それは強いストレスがかかっているときは、ホルモンバランスが崩れてしまうため、免疫力が低下してアレルギー反応が出やすくなるためです。

 

また疲労や睡眠不足も、同じことが言えるので注意が必要です。
外からの刺激として、化粧品、洗剤、シャンプーやリンス、石けんにも気を配る必要があります。
紫外線や汗をかいたままにしておくことで、痒みが強くなってしまうこともあります。
寝ているときなど無意識のうちに、かゆい所をかいてしまう場合があります。
日常の些細なことが、アトピー性皮膚炎の人にとっては大変な状態を引き起こしてしまう恐れがあるため、日ごろから気をつけておかなければいけませんね。
ストレスが溜まらないように、解消できるような好きなことを探しておく、睡眠もできる限りしっかり取るようにするなど、生活習慣の見直しをしてみるのも一つの方法ですね。

 

もうひとつアレルギーの原因物質(アレルゲン)としてハウスダスト、ダニ、花粉や動物の毛などがあります。
アレルゲンの多い環境は、アトピー性皮膚炎を悪化させるだけなので、部屋の空気の入れ替えや部屋の掃除などの、こまめな努力が必要です。
中でもダニには注意しましょう。それはダニが湿度のある場所を好むことにあります。
ダニは湿度60%になると大量に繁殖し始めます。その増えたダニの死骸やフンがアレルゲンとなってアレルギーを起こすのです。
布団が一番繁殖しやすいので、布製のソファやぬいぐるみにも注意しましょう。
布団の乾燥や掃除を怠らないことが大事です。

 

まとめ
アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返し、強いかゆみを伴う皮膚の病気でした。
子供のころに、アトピーだった場合に再発する場合もありますが、生活習慣の変化から大人になってからアトピーになる人も増えてきました。
アトピー性皮膚炎を根本的に治す方法はまだ解明されていません。
でも原因としては、バリア機能が低下しているため刺激に弱いことにあります。

 

日常生活の何気ないことも、アトピー性皮膚炎の人には大きく影響してくるので、規則正しい生活を心掛けて、清潔を保つことで、少しでも症状が軽減されることがあります。
言葉では簡単ですが、実行するとなると難しいこともありますよね。

 

でもアトピー性皮膚炎の良くなっているときを維持するためにも、頑張って取り組みましょう!